スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

働く?働け?

なんで人って働かなければ怒られるんだろう
なぜ勉強ってやつをしないとダメな扱いを受けるんだろう
それで誰かに迷惑をかけて無くてもダメなやつ扱いを受ける、なぜ?

勉強しなさいと言われるけれど
やりなさいと言われてやる気なんて出ない
そんなことは普通の親なら経験してるし、わかってる
でも、なんで親は勉強しなさいって言うんだろう
やっぱり親がバカだから?
そんなこというと考えがここで終わってしまうから
もっと深く考えていこうと思う

親が子供に勉強しなさいって言う理由としては
『将来立派になるため』『人生で損をしないため』
という考え方が親の基本にあるからかなと思う
やっぱり自分の子供だし
将来、理不尽に虐げられたりしてほしくないと思うのは当然でその気持ちもわかる
勉強させておくのはとてもいいことのように思える

でも、これって親の勝手な押し付けじゃないかな
たとえその子のためだとしても
将来立派になんてなりたくなかったり
損をしたとしてもその経験が自分の肥やしになる
そんな風に考える子供だっているかもしれないのに
親が子供のためを思いすぎて『良い』選択肢を押し付けようとする
親から見て子供にとっての『悪い』選択肢だとしても
その子にとっては満足できる『良い』選択の場合もあるんじゃないだろうか

ああ、でも親を完全に否定してるわけではない
俺だってお父さんお母さんに育てられて
上手いこと育ったかどうかは自分ではわからないけれど
なんとかここまでやってこれてるし
それはすごく感謝してる
ただ、それは俺自身が勉強することに対して
『自分にとっての価値』があると判断したからだと思う

結局、何を言いたいのかというと
親がやるべきことは『子供を自立をさせる』ことだけだと思う
それ以上のことは余計なんじゃないだろうか
小学生で親が選んだ塾へ行き、習い事をさせられる
それは子供が望んだことだろうか?
親が勝手に将来のためにやっている余計なおせっかいなんじゃないだろうか

自立っていうのは自分の衣食住を維持できるかどうかってことで
給料のいい会社で働くとかお勉強が出来るとかスポーツが出来るとか
そういうことはあまり関係ないと思う
健康な体と生きる気持ちだけあれば最低限の知識があれば生きていける
今の時代は小さい頃から様々なことを親から強要されて
生きる気持ちが無くなってしまってるのではないだろうか
生たいと思う気持ちのもとは『知識』なんかよりも『楽かった経験』なのではないだろうか

世の中には貪欲な人がいる
貪欲な人はさらに上を求める、満足しない
でも、ある程度で満足する人だってたくさんいる
なぜそういう人に満足以上の+αを求めるんだろう
そんなに求めて何になるんだ、それが幸せなのか?
幸せになるために生きる気持ちを失うまでがんばって何になるのか?

今の日本は目的と手段を間違えている

子供には大学受験や就職のために勉強するんじゃなくて
自分で自立して満足できる生活を維持するために
必要なものを身に付けていくということをやってもらいたい
そう思っているんだけれども、これもただの学生のたわごとなんだろうな

あと、フリーターに対して働けよという風潮はどうかと思う
働こうと思う原動力に『周りからの目線が痛いから』という項目が入るのはよくない
自分が働いた分生活のクオリティを上げたい
欲しいものがある、好きな人と将来生活していくため
などなど、こういう自分のための理由で働いたほうが長続きするし
日本社会の雇用も効率的になるんではないだろうか

働きたくないやつは働くな
野垂れ死にしたいはつは野垂れ死ね
生きたいやつなら勝手に働いて勝手に生きろ

極論だけどこれでいいんじゃないかな?

ざっと書いたこと読むとどっかですでに出されてそうな答えになっちゃった
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<下げる考え方 | らっくの小屋 | 円高>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| らっくの小屋 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。